強風時は歩行者のふらつきに注意

イラストは気象庁提供
イラストは気象庁提供

 さる5月21日午後0時半ごろ、横浜市で傘を差して道路を歩いていた19歳の男性が強風にあおられてバランスを崩し、後続の原付バイクと接触する事故がありました。

 

 事故当時、横浜市では風速10m以上の風が吹いており、男性は路側帯を歩いていたところ、「強風にあおられて車道に出てしまった」と話しているということです。

 

 風が強いときには、車を運転していても少なからず影響を受けるのですが、直接身体をさらしている歩行者や自転車は大きな影響を受けてしまいます。

 

 とくに、風とともに雨が降っている場合には傘を差さざるをえませんので、瞬間的に突風が吹いたりすると、傘ごと身体が持っていかれたりします。

 

 風雨が強い時に車を運転する場合、道路端に傘を差した歩行者や自転車がいるときには、突風に飛ばされて道路中央に出てくるかもしれないと考えておく必要があります。

 

 歩行者などがふらつくことを想定して側方間隔をとることはもちろんですが、無理に追い越したりしないようにしましょう。 

(シンク出版株式会社 2019.5.29更新)

■あなたは感情や運転行動をコントロールできていますか?

 近年、あおり運転などによる事故が社会問題となっていますが、事故原因の多くは、ドライバーが自分の感情や不安全な行動をコントロールできず、その結果、危険な運転につながり悲惨な事故やトラブルが発生しています。

 

 本冊子は巻頭のチェックリストにより普段の運転ぶりを自己診断することで、自分の感情や運転行動における弱点、注意すべきポイントを確認できます。

 そして本文では、マンガやイラストを多用した解説により運転の弱点や注意点を克服するヒントが得られ、今後の安全運転に生かしていただくことができます。 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月18日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。