夜間の堤防道路では慎重な運転を

 さる7月7日午後10時前、岐阜県海津市の揖斐川沿いの堤防道路を走行していた乗用車が川に転落し、運転していた男性が死亡する事故がありました。

 

 事故現場は、急なカーブが続く片側1車線の堤防道路で、夜間は暗くてガードレールもなかったということです。

 

 河川の横に設置してある堤防道路は、ほとんどの所ではガードレールが設置されていませんので、夜間は道路形状が分かりにくく、運転するには注意が必要です。

 

 ガードレールが設置してあれば、ヘッドライトの光が当たって先のカーブがどれくらいの曲がりになっているかわかりますので、事前にスピードを落としたりして対処することが可能です。

 

 ところが、ガードレールがないとヘッドライトの光がどこにも反射しませんので、先のカーブの曲がりなどの道路形状を把握することが非常に難しくなります。

 

 それでもカーブが一つだけならまだ対処できるのですが、連続して急カーブが続くところでは少しでも運転操作を間違えると川に転落することになります。夜間の堤防道路では、スピードを落として慎重な運転をしてください。 

(シンク出版株式会社 2019.7.17更新)

■悪条件下における事故防止に最適な教材です

 運転するにあたっては、常に快適な環境とは限りません。雨の日や、夜間は見通しが悪くなりますし、堤防道路や山間部などは、幹線道路と大きく道路環境が異なります。

 

 本冊子は、「雨天走行」や「トンネル走行」、「夜間走行」、「渋滞走行」、「山間部の走行」といった悪条件下における事故防止をねらいとした教育教材です。

 

 各場面で注意すべき要点を簡潔にまとめていますので、事故防止のポイントを簡単に理解していただけます。

 

   

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月15日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。