慌てて脇道に入るのは危険です

 普段、交差点を左折するときにはきちんと後方の安全確認をする人でも、急に思いついて脇道や道路外の施設などに入ろうとしたとき、後方の安全確認を忘れたりハンドル操作が先になって車が動き出してから確認したりすることがあります。

 

 こんな状況で後方から来たバイク・自転車との事故が発生しやすくなります。

 

 さる7月21日午後3時ごろ、愛知県長久手市の県道で道路の端を走行していたバイクが脇道に左折しようとした乗用車と衝突し、バイクの男性(20歳代)が意識不明の重体となる事故が発生しました。

 

 このとき県道は渋滞していて、乗用車は脇道に入ろうとして左にハンドルを切ったときにバイクと衝突したということで、左後方をよく確認しないで曲がろうとしたものと思われます。

 

 渋滞を避けようと、とっさによく知っている抜け道を使おうと考えたのかも知れませんが、こうした行動が事故に結びつきます。

 

 慌てて脇道などを使ってもそれほど時間の節約にはなりません。どうしても脇道に入る必要があるときは、左後方の確認を十分にしましょう。 

(シンク出版株式会社 2019.7.25更新)

■あなたは感情や運転行動をコントロールできていますか?

 近年、あおり運転などによる事故が社会問題となっていますが、事故原因の多くは、ドライバーが自分の感情や不安全な行動をコントロールできず、その結果、危険な運転につながり悲惨な事故やトラブルが発生しています。

 

 本冊子は巻頭のチェックリストにより普段の運転ぶりを自己診断することで、自分の感情や運転行動における弱点、注意すべきポイントを確認できます。

 そして本文では、マンガやイラストを多用した解説により運転の弱点や注意点を克服するヒントが得られ、今後の安全運転に生かしていただくことができます。  

 

 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月19日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。