スピードを出してわき見運転は非常に危険

 さる7月19日午後9時40分ごろ、宮城県仙台市の宮城県道を走行していた乗用車が道路脇の電柱に衝突し、後部座席に同乗していた女性2人が路上に投げ出され、死亡する事故がありました。

 

 事故現場は、見通しのよい片側2車線の直線道路で、乗用車は左側車線を制限速度60キロを超えるスピードで走行していたとみられ、運転していた男性は「スピードを出して運転していた。わき見をしていた」と供述しているということです。

 

 誰でも車を運転するときに、無意識のうちに「わき見」をすることはありますが、そのときいちばん考えなければならないのは、「わき見」をしている間に自分の車がどれ位進んでいるかです。

 

 この事例のように、時速60キロを超えるスピードで走行しているときには1秒間に約17m進みますから、20m近く進んでいたと思われます。2秒間なら約35m近く進んでいるはずです。

 

 その間は、まったく前を見て運転していない訳ですから、当然事故が起こるリスクは高くなるわけです。

 

 スピードを出せば出すほど、わき見をしたときに進む距離が長くなり事故の危険が高くなります。運転中は絶対にわき見はしないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2019.7.29更新)

■あなたは感情や運転行動をコントロールできていますか?

 近年、あおり運転などによる事故が社会問題となっていますが、事故原因の多くは、ドライバーが自分の感情や不安全な行動をコントロールできず、その結果、危険な運転につながり悲惨な事故やトラブルが発生しています。

 

 本冊子は巻頭のチェックリストにより普段の運転ぶりを自己診断することで、自分の感情や運転行動における弱点、注意すべきポイントを確認できます。

 そして本文では、マンガやイラストを多用した解説により運転の弱点や注意点を克服するヒントが得られ、今後の安全運転に生かしていただくことができます。  

 

 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月19日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。