ルール無視の歩行者や自転車を意識しておこう

写真はイメージです。
写真はイメージです。

 先日、警察庁は今年上半期の交通死亡事故の発生状況を発表しましたが、交通死者は昨年同期よりも185人少ない1,418人となりました。これは統計開始以来、過去最少ということです。

 

 全死者の特徴をみますと、歩行中に事故にあった人が484人で、自転車乗車中が195人で、この2つだけで679人となり、約半数を占めています。

 

 これらの死者数のうち、どれだけ法令違反があったかをみると、歩行者のうち約62%にあたる300人に横断違反や信号無視などの違反がありました。

 

 また、自転車乗用中の人については、約78%にあたる152人に安全運転義務違反等の違反がありました。つまり、歩行者や自転車が事故で死亡するケースでは、約3分の2の人が法令違反をしているということです。

 

 したがって、車を運転している人は歩行者や自転車が法令を守って行動してくれると期待しない方がよさそうです。

 

 信号を無視して横断してくるかもしれない、横断歩道がない所でもいきなり横断してくるかもしれない、と考えて運転してください。

(シンク出版株式会社 2019.7.31更新)

■「安全マインド」を高めて事故を防止しよう

「安全マインド」とは一言で言うとドライバーの「プロ意識」のことです。「安全マインド」が備わっていると、自分の仕事に誇りや使命感を持つことができ、ひいては「絶対に事故を起こさない」という強い意識へとつながります。

 

 本誌では、第1章で安全マインドが備わっているドライバーと備わっていないドライバーの働く姿勢が会社や社会に及ぼす影響をマンガで比較することで、安全マインドを持って働くことの大切さを理解することができます。

 

 さらに第2章では、各ドライバーの安全マインドを高めるための具体的な活動事例を紹介していますので、各事業所で安全マインドを高めるための活動の参考にしていただけます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月15日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。