対向してくる電動カートに注意

写真はイメージです。事故とは関係ありません
写真はイメージです。事故とは関係ありません

 さる7月22日午前11時半ごろ、岩手県一関市の国道を走行していた軽乗用車と電動カートが衝突し、電動カートに乗っていた男性が死亡する事故がありました。

 

 事故の現場は、見通しがよい片側1車線の緩やかなカーブで、電動カートは車道の右側を進んでいたということです。

 

 電動カートは、一見すると自転車と同じカテゴリーと思われがちですが、道路交通法上では歩行者と同じ扱いですので、歩行者と同じように歩道を走行できますし、車道の右側を走行してきても不思議ではありません。

 

 車を運転する運転者としては、前から歩行者が歩いてくれば見つけやすいのですが、電動カートの場合はその存在が意識のなかにあまりありませんし、高さも低いために見つけにくい面があります。

 

 また、歩行者は前から車がくると横へ避けてくれることがありますが、電動カートは車幅が広いうえに横へ移動することができませんので、衝突するリスクが高くなります。

 

 車を運転するときには、前からくる電動カートの存在にも十分に注意しておきましょう。

(シンク出版株式会社 2019.8.2更新)

■高齢者との事故防止を図るドライバー教育教材

超高齢社会を迎え、私達ドライバーは今後ますます高齢者との事故に注意を払う必要があります。

 

小冊子「高齢者との事故を防ごう」は、高齢者が歩行中や自転車乗用中に事故被害にあう6つのパターンから、事故に至るまでの高齢者とドライバーの意識のギャップを紹介し、ドライバーが取るべき運転行動を解説しています。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月19日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。