シートベルトがないまま乗せていませんか?

 

 最近、7~8人乗りのワンボックス型乗用車が衝突した際に、ときどき子どもが車外に投げ出されて死亡したり重傷を負う事故が発生しています。

 

 報道では詳細がわかりませんが、投げ出された子どもはシートベルトやチャイルドシートをしていなかったと思われます。というのは、他の乗員は軽傷ですんでいる例が多いからです。

 

 こうした事故が起こる原因の一つとしては、親戚の子どもなどを車に多数乗せたとき、シートベルトやチャイルドシート付き座席が足らなくなっていても、そのまま運転しているケースがあるからです。

 

 というのは、12歳未満の子どもは3人を大人2人と換算できるので、7人乗り乗用車では子ども6人+大人3人(計7人)といった乗車も可能になりますが、9人のうち2人はシートベルトがない状態で乗っていることになります。

 

 道路交通法上は違反と言えないのですが、衝突事故などの際、シートベルトのない人は身体を守る手段がなく大変に悲惨なことになります。

 知り合いの子どもを乗せてドライブにいくような場合、シートベルトの数以上の乗員は絶対に乗せないようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2019.8.5更新)

■「安全マインド」を高めて事故を防止しよう

 「安全マインド」とは一言で言うと「プロ意識」のことです。この「安全マインド」が備わっていると、自分の仕事に誇りや使命感を持つことができ、ひいては「絶対に事故を起こさない」という強い意識へとつながります。

 

 本誌では、第1章で安全マインドが備わっているドライバーと備わっていないドライバーの働く姿勢が会社や社会に及ぼす影響をマンガで比較することで、安全マインドを持って働くことの大切さを理解することができます。

 

 さらに第2章では、各ドライバーの安全マインドを高めるための具体的な活動事例を紹介していますので、各事業所で安全マインドを高めるための活動の参考にしていただけます。

 

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月16日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。