チャイルドシートを正しく使用していますか?

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる8月15日午後7時25分ごろ、福岡県糸田町の県道を走行していた乗用車が道路脇の電柱に衝突し、後部座席にいた生後11か月の幼児が死亡する事故がありました。

 

 幼児はチャイルドシートに座っていましたが、事故のはずみでシートから座席下に落ちたということです。

 

 事故の状況をみますと、チャイルドシートを車の座席ベルトにしっかりと固定していなかったか、固定していてもハーネス(幼児の身体を固定するためのベルト等の固定具)の取付け等が不適切だったと思われます。

 

 せっかくチャイルドシートを使用していても、その使い方を間違えるとまったく効果が期待できません。

 

 平成26年から30年まで5年間の自動車同乗中の6歳未満の幼児のチャイルドシートの使用状況別の致死率を見ますと、チャイルドシートを適正に使用していた場合の致死率は0.03%なのですが、不適正使用の場合の致死率は0.68%で、約22.7倍も高くなっています。

 

 事故の際に受ける衝撃は、幼児であっても大人と同じです。チャイルドシートは適正に使用して、子どもの命を守りましょう。

(シンク出版株式会社 2019.8.23更新)

■あなたは感情や運転行動をコントロールできていますか?

 近年、あおり運転などによる事故が社会問題となっていますが、事故原因の多くは、ドライバーが自分の感情や不安全な行動をコントロールできず、その結果、危険な運転につながり悲惨な事故やトラブルが発生しています。

 

 本冊子は巻頭のチェックリストにより普段の運転ぶりを自己診断することで、自分の感情や運転行動における弱点、注意すべきポイントを確認できます。

 そして本文では、マンガやイラストを多用した解説により運転の弱点や注意点を克服するヒントが得られ、今後の安全運転に生かしていただくことができます。  

 

 

 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月22日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。