Uターンするときは対向バイクに注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる8月13日午前11時30分ごろ、秋田市の国道13号線で普通乗用車が中央分離帯の切れ目からUターンしようとしたところ、対向してきた大型バイクと衝突し、バイクを運転していた男性が死亡する事故がありました。

 

 事故の原因ははっきりとはわからないのですが、現場は見通しのよい片側2車線道路でしたので、Uターンをした乗用車のドライバーが大型バイクを見落としたとはあまり考えにくい状況です。

 

 Uターンをする場合、対向車線の2車線ともに車がいない状況になるまで待つ必要がありますが、そういう状況になるまで時間がかかる場合があると思います。

 

 そういうイライラした状況でバイクだけが来ていると、ドライバーとしては「先に行くと隣の車線に避けてくれるのではないか」などと、勝手な判断をすることがあります。

 

 一方、バイクのライダーは近くの路面を見て走行することが多く、遠くを見ることが少ないために、Uターンしてきた車の発見が遅れることがあります。

 

 Uターンをするときには、対向してくるバイクにも十分に注意を払い、強引は運転はしないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2019.8.28更新)

■軽い気持ちの運転行動が高い代償を生みます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。


 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、受講者参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせることで、「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月22日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。