事故を起こさなくても酒気帯び運転は発覚します

 

 皆さんのなかで、少しぐらい酒気を帯びていても気をつけて運転すれば事故にならないし、見つからないといった誤った考えの人はいないでしょうね。

 

 アルコールが体内にあると、感覚や操作能力に影響を受けるので、自分では慎重に運転しているつもりでも、周囲から見ると明らかに正常とは言えない動きをします。

 

 ですからパトカーなどが近くにいれば、酒気帯び運転はすぐ発覚します。

 

 さる9月18日午前4時半ごろ、徳島市内でワゴン車を運転していた45歳の主婦が、酒気帯び運転の疑いでパトロール中の警官に現行犯逮捕されました。

 

 この女性は事故や違反をしたわけではありませんが、方向指示器を点滅させたのに車線変更しないなど不自然な運転をしていることに警察官がピンときて停車させ、アルコールの匂いに気づき飲酒検知をして発覚したのです。事故を起こす前で幸いでした。

 

 警察官はプロですから、酒気を帯びた運転者の行動は手に取るようにわかるそうです。飲酒運転は百害あって何の利もありませんので、絶対にしないでください。

 

(シンク出版株式会社 2019.9.26更新)

■酒気残りによる飲酒運転の危険を理解できる教育教材

いわゆる二日酔いや、少し仮眠したから大丈夫と思って車を運転し、飲酒運転に陥る事例が後を絶ちません。

 

小冊子「『酒気残り』による飲酒運転を防ごう」は、川崎医療福祉大学の金光義弘特任教授の監修のもと、酒気残りのアルコールが身体に与える影響や、本人の 自覚と実際のアルコール含有量のギャップなどを紹介しており、「酒気残り」による飲酒運転の危険をわかりやすく理解することができます。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月15日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。