路面電車が来たら軌道敷内に入らない

写真はイメージです。記事中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。記事中の事故とは関係ありません

 さる9月24日午前9時45分頃、長崎市内の交差点を右折しようとした路線バスが、後ろから走行して来た路面電車と衝突する事故がありました。

 

 「軌道敷内通行可」の標識があるところを除いて、車は軌道敷内を通行することができませんが、右折するときには軌道敷内に入らざると得ませんので、例外的に認められているのはご存じのとおりです。

 

 しかし、そのような場合でも後方から路面電車が近づいてきたときには、速やかに軌道敷外に出るか、十分な距離を保つことが求められています。

 

 ところが、右折する車のドライバーとしては、早く右折したいとい気持ちがあり、路面電車が遠くにいても交差点に近づいて来るまでには右折できるだろうと、安易に軌道敷内に入ることがあります。

 

 そういうときに限って、対向車が途切れずになかなか右折できず、路面電車が近づいて来て警笛を鳴らされることがあります。

 

 警笛を鳴らされるぐらいならまだしも、路面電車はレール上を走行しているために急に止まることができずに衝突することもあります。

 遠くであっても路面電車が見えたら、絶対に軌道敷内に入らないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2019.10.4更新)

■ 「2020 運行管理者手帳」 を好評販売中です!

「2020トラック運行管理者手帳」ならびに、「2020バス運行管理者手帳」を好評販売中です。

 

本手帳は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録しています。

 

またカレンダー、メモ欄も充実の内容ですので、スケジュール管理も万全です。ぜひお手元でご活用ください。

【詳しくはこちら】

 

       

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月15日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。