腹立ちまぎれのクラクションはトラブルの元

 先日、クラクションを鳴らしてきた乗用車の窓ガラスを割ったとして、京都市内の男性が逮捕されたというニュースがありました。

 

 逮捕された男性は、京都市山科区内の交差点を右折しようとした際に、対向車線から来た乗用車にクラクションを鳴らされて、腹が立ってやったと供述しているということです。

 

 交差点を直進しようとしたときに、対向右折車が際どいタイミングで右折してくることがあります。

 

 直進車のドライバーとしては、交差点は直進車が優先なので右折車が待つのは当然だと思っていますので、右折車に対して腹が立ってクラクションを鳴らしたいという気持ちはわからなくはありません。

 

 しかし、そういうときに鳴らすクラクションは、どうしても相手を威嚇するように強く「ブーッ」と鳴らしてしまいますので、相手の反感を買うことが少なくありません。

 

 交差点を直進するとき、強引に右折する車はその動きを見ていればわかりますので、右折車の動きを見逃さないようにし、右折してきたらスピードを落とし先に行かせるようにしましょう。

 腹立ちまぎれにクラクションを鳴らして、トラブルにならないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2019.10.11更新)

■あなたは感情や運転行動をコントロールできていますか?

 近年、あおり運転などによる事故が社会問題となっていますが、事故原因の多くは、ドライバーが自分の感情や不安全な行動をコントロールできず、その結果、危険な運転につながり悲惨な事故やトラブルが発生しています。

 

 本冊子は巻頭のチェックリストにより普段の運転ぶりを自己診断することで、自分の感情や運転行動における弱点、注意すべきポイントを確認できます。

 そして本文では、マンガやイラストを多用した解説により運転の弱点や注意点を克服するヒントが得られ、今後の安全運転に生かしていただくことができます。  

 

 

 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月15日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。