災害時に車から電気をとることができます

 

 最近、台風や地震などによる停電が珍しいことではなくなってきました。停電が長引くとき車から電気をとれることをご存知ですか?

 

 電気自動車等はもちろん普通の乗用車からも電気がとれます。ただし、車に家庭用コンセントはついていないので、家電を使用できるように100ボルト変換用の『インバーター』をカー用品店などで購入しておく必要があります。

 

 ただし、普通車のバッテリーやダイナモは容量が少ないので、100ワット(W)くらいの電気をとるのが限界です。

 携帯電話の充電(5W)、電気毛布(80W)、キャンプ用ライト(100W)程度は使用可能ですが、電気ストーブ(400W~)などをつけるのは無理です。

 

 プラグインハイブリッド車など電源稼働することを想定した車の場合は、1500Wまで対応する車種があり、ホットプレートでの調理も可能です。

 

 なお、家屋内に電気を引くときはドラムリール式の太くてシールドされた延長コードを使う必要があります。細い家庭用電源コードをつなぐと雨などで濡れてつなぎ目から漏電したり、窓やドアに引っ掛けての断線や加熱して発火する恐れがあります。

 

 また、屋内駐車スペースで車のエンジンを稼働し続けると一酸化炭素中毒の危険が発生しますので、風通しの良い屋外でエンジンを動かすように注意しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2019.10.17更新)

■2020運行管理者手帳 を好評販売中です!

「2020トラック運行管理者手帳」ならびに、「2020バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

本手帳は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録しています。

 

またカレンダー、メモ欄も充実の内容ですので、スケジュール管理も万全です。ぜひお手元でご活用ください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月18日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。