ドアを開けたままバックするのはやめましょう

 皆さんのなかで、車でバックするときドアを開けて顔を出してバックする癖のある人はいませんか。

 以前もお話しましたが、バックしている途中に電柱や障害物などとドアの間に上半身を挟まれることがあるので、こうした行為は危険です。

 

 さる10月20日午前8時すぎ、三重県四日市市のコンビニの駐車場で70歳の男性が軽乗用車で駐車場から出ようとドアを開けてバックしたところ、ドアが出口近くの防護柵に衝突する事故がありました。

 

 車はそのままカーブしながらバックを続け、駐車していた別の軽乗用車にぶつかったということです。

 運転者の男性は意識不明の重体で病院に運ばれました。

 

 事故の状況から男性が持病などで意識を失った可能性もありますが、運転席のドアを開けたまま車をバックさせたことにより発生した事故がこれまでも報告されています。

 

 ドアを開けたままバックするのは、右後輪付近などを確認したいのでしょうが、その他の状況を見落とす危険があります。

  乗る前に後方をよく確認して、ドアは開けずにバックする習慣をつけましょう。

 

 (シンク出版株式会社 2019.10.25更新)

■多発するバック事故対策に最適の一冊【改訂新版出来】

 冊子「自分で気づこうバック事故の危険」は、バック時の自身の運転をチェックすることによって、具体的な危険に気づくことのできる、ドライバーのためのバック事故防止教育教材です。

 改訂版では、従来の4場面に新たに「狭路へのバック」「道路端に駐車する際のバック」の2場面を加えた計6場面のイラストを見ながら、5つの質問にハイ・イイエで答えるだけで、バック時における自身の危険性に気づくことができます。

 巻末には付録として「バック事故を防止するための具体的方策」を掲載しています。バック事故を防ぐための対策を考える際のヒントとしてご活用ください。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月21日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。