高速道路で停止したら、絶対に本線上に出ない

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる11月4日午後5時55分ごろ、宮城県栗原市の東北自動車道で、路上に立っていた2人が後続車に相次いではねられ、死亡する事故がありました。

 

 事故の現場は片側2車線で、付近の路肩にハザードランプを点灯させた軽ワゴン車が止まっていたということで、走行車線にいた1人が乗用車にはねられ、追越車線でもう1人がワンボックス車にはねられたということです。

 

 なぜ、2人が本線車線上にいたのかわからないのですが、事故や故障で気が動転して本線上に出て行ったのかもしれません。しかし、これまでの事故例をみると、高速道路の本線上にいる歩行者は高い確率で後続車にはねられています。

 

 その理由は、後続車のドライバーは高速道路にまさか人が歩いているとは思っていませんので発見が遅れますし、ほぼ時速100キロ前後で走行している道路で、歩行者と認識したときには、すでに手遅れで避けきれないのです。

 

 高速道路を走行中に事故や故障などで動けなくなったら、そのときには車をできるだけ車を路肩に寄せ救援を呼び、待ってる間はガードレールの外などに待機して、絶対に本線上に出ないでください。

(シンク出版株式会社 2019.11.12更新)

■追突の危険要因に気づくことが重要です

 多発する追突事故の原因の多くは、わき見や漫然運転など運転者のうっかりミスであり、事故を防止するためには、運転者自身の追突原因に対する気づきが重要です。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自分自身の運転態度をチェックすることができ、「わき見」「思い込み」「漫然運転」等による追突事故防止のための教育教材です。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月16日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。