自転車でもひき逃げは重罪です!

 自転車に乗っている人のルール違反やマナー軽視が問題になり、自転車安全講習などの仕組みができていますが、今でも危険な交通事故を起こす例が見られます。

 

 さる11月17日(日)午前11時前、千葉県習志野市の京成電鉄・谷津駅前で近所に住む80代の女性が自転車に衝突されて転倒し、重傷を負いました。

 自転車の男性はそのまま逃走し、警察は「ひき逃げ(救護義務違反)」等の疑いで男性の行方を追っています。

 

 皆さんの中には「自転車でもひき逃げの罪に問われるの?」と疑問に思う方もいるかも知れませんが、道路交通法には「事故に係る車両等の運転者等は直ちに車両等の運転を停止し、負傷者を救護するなど必要な措置を講じなければならない」とされ、「車両等」には自転車も含まれますので、歩行者などに衝突して怪我人が出た恐れがある場合は、その場で救護する義務があります。

 

 死傷事故でひき逃げに問われた場合の罰則は、車の運転者では10年以下の懲役または100万円以下の罰金、自転車の乗員でも1年以下の懲役または10万円以下の罰金です。

 また、歩行者に過失がない場合、自転車に乗っていた人はひき逃げと合わせて重過失傷害罪に問われる可能性があり、重過失傷害は5年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金という重罪です。

 

 自転車でも交通事故を軽視することは許されません。人を傷つけたときは迷わず救護を行いましょう。 

(シンク出版株式会社 2019.11.21更新)

■自転車利用者のための「安全運転」自己チェックテストを発売

 自転車の運転に免許証は必要ありませんが、そのため、交通ルール・マナーを十分に理解しないまま危険な運転をしている人が後をたちません。

 

 このテストは日頃の自転車の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えることで、普段どれぐらい自転車を安全に運転できているかを簡単に知ることができるテストです。

 ぜひ日々の自転車の安全な運転のためにご活用ください。

 

詳しくはこちら

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月9日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。