堤防道路では横断歩行者に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる11月16日午前11時ごろ、名古屋市中川区の道路を走行していた乗用車が、横断歩道を歩いて渡っていた男性をはねて死亡させる事故がありました。

 

 事故の現場は、直線の堤防道路で見通しはよく、横断歩道の横には歩行者用の小さな橋が架かっており、欄干などが高くなっていたために、そこから出て来る歩行者などが見えにくい状況になっていました。

 

 河川の両側に設置されている堤防道路は、信号も少なく見通しもよいので運転しやすい感覚を持っている人がいます。

 

 そのため、スピードを出し過ぎて道路から転落したり、対向車線にはみ出して対向車と正面衝突する事故が少なくありません。

 

 また、あまり道路上に死角がないように見えるのですが、今回の事例のように歩行者用の橋が架かっている所では、欄干などが死角になることがありますし、道路の下から上がってくる歩行者などは死角に入って見えないことがあります。

 

 堤防道路を走行するときには、スピードを落とすとともに、道路の下や橋などから横断してくる歩行者の存在を見落とさないようにしてください。 

 (シンク出版株式会社 2019.11.22更新)

■「安全運転の3つのキーワード」で事故防止

 交通事故には、交差点や進路変更、バック、夜間の歩行者横断など典型的な事故パターンが存在します。

 

 この冊子では、13の典型的事故パターンについて、危険要因を直感的に理解し、さらに覚えやすいようにイラストと3つのキーワードを中心に構成されています。イラストでチェックし、安全運転のための3つのキーワードを覚えることで事故防止スキルが確実に上昇します。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月16日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。