横断歩道付近に小学生がいたら停止しよう

 さる11月19日午前7時半すぎ、熊本県球磨郡の交差点で、横断歩道を渡っていた小学生5人の列に軽乗用車が突っ込み、3人が負傷する事故がありました。

 

 事故現場は見通しのよい交差点で、交差点や横断歩道には信号機は設置されておらず、軽乗用車を運転していた女性は「小学生がいるのはわかっていたが、横断歩道を渡らないと思った」と話しているということです。

 

 横断歩道の付近に歩行者や自転車がいても「横断してこないだろう」と勝手な判断をして、歩行者に進路を譲らないドライバーがたくさんいます。

 

 道路交通法第38条では、歩行者や自転車がいないことが明らかな場合を除いて、横断歩道手前では停止できるようにスピードを落として進まなければいけないことになっています。

 

 当然、歩行者がいて横断するのかどうか判断できないときも、停止できるスピードで走行することが求められています。

 

 横断歩道付近に小学生がいたら、「渡らないだろう」と考えるのではなく、一時停止をして進路を譲るようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2019.11.27更新)

■「安全運転の3つのキーワード」で事故防止

 交通事故には、交差点右左折時や進路変更時、バック時、夜間の歩行者横断時など典型的な事故パターンが存在します。

 

 それぞれのパターンには事故を起こしやすくする危険要因が存在するため、あらかじめ危険要因を理解して行動することができれば、事故の確率を飛躍的に減らすことが可能になります。

 

 この冊子では、13の典型的事故パターンについて、危険要因を直感的に理解し、さらに覚えやすいようにイラストと3つのキーワードを中心に構成されています。

 イラストでチェックし、安全運転のための3つのキーワードを覚えることで事故防止スキルが確実に向上します。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月16日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。