道路中央線寄りを走行している自転車に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません。

 さる11月11日午前6時前、大阪府池田市の片側5車線道路の中央分離帯近くを走行していた大型トラックが自転車と衝突し、自転車に乗っていた70歳前後の男性が死亡する事故がありました。

 

 通常、自転車は左端の車線を走行していますので、大型トラックが左側の車線を走行していたら、ある程度自転車の存在を頭に入れて運転していると思います。

 

 しかし、今回事故が発生した道路は片側5車線もある幅員の広い道路なので、大型トラックのドライバーとしてはまさか中央分離帯寄りの車線を自転車が走行しているとは思っていなかったのではないでしょうか?

 そのため、自転車の発見が遅れたのではないかと思います。日の出前の時間帯ということも、発見を難しくしたのかもしれません。

 

 もう一つ考えられるのは、自転車が前を走行する車などの陰に隠れていたために、見つけたときはかなり接近していて避けることができなかったのかも知れません。

 

 いずれにしても、車を運転しているときには、自転車が道路中央線寄りの車線を走行していることもあるということを頭に入れて運転してください。

 

(シンク出版株式会社 2019.11.28更新)

■自転車利用者のための「安全運転」自己チェックテストを発売

 自転車の運転に免許証は必要ありませんが、そのため、交通ルール・マナーを十分に理解しないまま危険な運転をしている人が後をたちません。

 

 このテストは日頃の自転車の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えることで、普段どれぐらい自転車を安全に運転できているかを簡単に知ることができるテストです。

 ぜひ日々の自転車の安全な運転のためにご活用ください。

 

詳しくはこちら

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月16日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。