右折時は横断歩道手前で一時停止するつもりで

画像はイメージです。文中の事故とは関係がありません
画像はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる11月26日正午まえ、秋田県湯沢市の交差点で横断歩道を歩いて渡っていた女子高校生が、右折してきた警察車両にはねられ、顔などに大けがをする事故がありました。

 

 運転していた警察官は、「直進してくる対向車を待ってから右折したが、確認不足で歩行者を見落としてしまった」などと話しているということです。

 

 右折時に横断歩道を横断している歩行者や自転車との事故を見ていると、ほとんどの原因は歩行者などの見落としなのですが、その背景には、急いで右折するという運転者の行動心理があります。

 

 対向車線を横断することになる右折時には、安全確認をしなければならないポイントがたくさんあります。多くの確認ポイントを右折しながら急いでチェックするのですから、当然確認ミスや見落としをする確率が高くなります。

 

 この確認ミスをなくすために提唱したいのが、右折先の横断歩道の手前で一時停止をするという運転です。

 

 一時停止をするつもりなら、直進対向車がいなくなってゆっくりと右折しますので、対向車との事故もなくなりますし、右折先の横断歩道の手前で停止すれば、歩行者などを見落とすこともありません。 

(シンク出版株式会社 2019.12.4更新)

■ワン・ツー・スリーで事故を防止しよう

 交通事故には交差点や進路変更、バックなど、典型的な事故パターンがいくつか存在します。

 

 そのため、それぞれのパターンに潜んでいる危険要因をあらかじめ理解して行動していれば、事故を起こす確率を飛躍的に減らすことが可能となります。

 

 この冊子では、直感的に理解し、記憶できるように、危険要因をイラストと3つのキーワードで表現しています。

 

 ぜひ、安全運転のための3つのキーワードを覚えて、事故防止スキルの上昇にご活用ください。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月16日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。