他車にブレーキを踏ませていませんか

 

 運転中、赤信号ではなくてもブレーキを踏むことは少なくありません。その多くに、他の車の行動が原因となっている場合がみられます。

 

 たとえば、順調に走行していたところ、突然、駐車場から目の前に車が出てきてヒヤッとしたり、無理な進路変更をされてブレーキを踏まざるを得ないといったことがあります。

 

 事前の挙動から、出てきそうだなという予測ができる場合も多いので、あらかじめアクセルを戻していてそれほど急ブレーキにはならないのですが、もし、こんな行動をする車がいるときに後続車がわき見でもしていたら、危ない事態に陥るでしょう。

 

 他車にブレーキを踏ませる運転者は、駐車場から道路に流入するタイミングが強引だったり、進路変更前に後方をよく確認していなかったりして、いずれ事故につながる危険な運転習慣を抱えて運転しています。

 

 しかし、何とか他車が避けてくれているので事故に至らないまま、自分は安全運転者だと勘違いをしていると考えられます。

 

 他車にブレーキを踏ませたら事故一歩手前です。相手の立場に立って自らの行動を反省する意識を持ちましょう。 

(シンク出版株式会社 2019.12.11更新)

■2020運行管理者手帳を好評発売中です!

 「2020トラック運行管理者手帳」ならびに、「2020バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

 本手帳は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録しています。

 

 またカレンダー、メモ欄も充実の内容ですので、スケジュール管理も万全です。ぜひお手元でご活用ください。

 

 

 ※バス管理者手帳は残部些少となっています。お申し込みはお早めにお願いします。  

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月13日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。