シートベルトの重要性を再認識しましょう

 

 バドミントンの男子シングル世界ランク1位の桃田賢斗選手が、マレーシア遠征中にドライバーが死亡する交通事故に巻き込まれたというニュースがありました。

 

 幸い、後部座席に乗っていた選手やコーチ等全員は命に別条がないとのことですが、桃田選手は顔に裂傷を負い全身打撲の負傷をしましたので、シートベルトを正しく着用していたのだろうか?と疑問に思いました。

 

 後の報道で、全員がベルトを着用していたことがわかりましたが、事故の衝撃が大きかったことと、現地で乗っていた送迎車のシートベルトは座席の肩部分に取り付けられた簡易式の3点式ベルトだったために、衝突時に重要な腰骨の拘束ができず、事故の衝撃を十分に吸収できなかったのではないかと伝えられています。

 どうやら車の仕様に問題があったようです。

 

 日本の乗用車などに整備された3点式シートベルトは、ベルトの巻き込み機能が働いて乗員の身体をしっかりとホールドしますので、車が押しつぶされるような事故でない限り、着用していた乗員は無傷または軽傷ですむと言われています。

 

 交通事故はいつ発生するかはわかりません。改めて後部座席であってもシートベルトを正しく着用することがいかに重要かを再認識させられた事故です。

 

(シンク出版株式会社 2020.1.16更新)

■追突事故の危険を診断するチェックテスト

追突事故は多発事故パターンのトップ!

 

 衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の普及によって、追突事故は減少傾向ですが、依然、人身事故における割合はトップとなっています。

 

 本テストは、普段の運転行動をチェックしていただくだけで、ご自身の中にどんな追突事故に対する危険が隠れているかを確認していただける自己診断テストです。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月27日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。