急な進路変更は追突事故を招きます

 

 急な進路変更で追突事故を誘発した車のニュースを見ました。

 

 さる1月30日午後0時ごろ、京都市山科区の道路で路線バスが29歳の男性が運転する乗用車に追突し、バスの乗客2人が転んで頭や腕に軽い怪我を負う事故が発生しました。

 バスの左斜め前を走行していた乗用車が急に進路変更して衝突したということです。

 

 追突事故は後ろを走る車の運転者がわき見などをしていているケースが多いのですが、こうした進路変更がらみの事故も目立っています。

 

 この事故では実際に追突していますが、たとえバスが進路変更の車を避けることができて接触しなかった場合でも、非接触事故になるおそれが十分にあります。バスの乗客が急ブレーキの衝撃で転んで車内事故が起こるからです。

 

 逆に、バス運転者の念頭には「乗客が転ぶ車内事故の危険を避けたい」という意識が常にあるため、急に車が現れても即座に急ブレーキを踏めない場合があります。

 

 相手はバスだけとは限りませんが、進路変更をする前には十分に後方の安全を確認する習慣をつけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2020.2.3更新)

■「安全運転の3つのキーワード」で事故防止

 交通事故には、交差点右左折時や進路変更時、バック時、夜間の歩行者横断時など典型的な事故パターンが存在します。

 

 それぞれのパターンには事故を起こしやすくする危険要因が存在するため、あらかじめ危険要因を理解して行動することができれば、事故の確率を飛躍的に減らすことが可能になります。

 

 この冊子では、13の典型的事故パターンについて、危険要因を直感的に理解し、さらに覚えやすいようにイラストと3つのキーワードを中心に構成されています。

 イラストでチェックし、安全運転のための3つのキーワードを覚えることで事故防止スキルが確実に向上します。

 

 

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月23日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。