確実に駐車ブレーキをかける習慣を

 

 最近、止めた車が動き出し、それを止めようとしてケガをしたり死亡したりする事故が目につきます。

 

 さる2月1日午後9時半ごろ、群馬県桐生市の駐車場で、女性が軽自動車を止めて降りたところ車が動き出したため、車を止めようと追いかけてドアを開けて車内に身体を入れましたが、車は道路を挟んで向かいの駐車場に止まっていた乗用車に衝突しました。

 

 女性はドアに挟まった状態でみつかり、肋骨を折るなど重体だということですので、身体半分ほど車内に入れたまま車が動いたのではないでしょうか?

 

 こうした事故の原因のほとんどは、車を止めて降りる際にサイドブレーキ(駐車ブレーキ)をかけていないことにあります。

 

 他の事故例でも「郵便を出すためにちょっと止めるとき」など、すぐに戻るから大丈夫といった油断があるようですが、その背景には、日頃から車を降りる際にサイドブレーキをかける習慣がないことがあると思います。

 

 車を降りるときには、必ずサイドブレーキを確実にかけることを習慣にしてください。

 

(シンク出版株式会社 2020.2.12更新)

■追突事故の危険を診断するチェックテスト

 衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の普及によって、追突事故は減少傾向ですが、依然、人身事故における割合はトップとなっています。

 

 本テストは、普段の運転行動をチェックしていただくだけで、ご自身の中にどんな追突事故に対する危険が隠れているかを確認していただける自己診断テストです。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月27日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。