トンネル内では自転車の存在を頭に入れておこう

 このコーナーでも何度も取り上げていますが、相変わらずトンネル内を走行している自転車が後方から来た車にはねられる事故が発生しています。

 

 さる2月9日午前7時40分ごろ、大分県臼杵市の国道のトンネル内を走行していた自転車が、後ろから走ってきた大型トラックに衝突され、死亡する事故がありました。

 

 事故の現場のトンネルは、約70mの片側1車線の直線道路で、自転車は大破しトラックは左の前方部分が壊れていました。

 

 トンネル内を走行している自転車が、後続車に衝突される事故の原因の一つは、トンネル内は路側帯が狭くて左側に寄って走行することができず、車道の真ん中寄りを走行せざるを得ないことがあります。

 

 もう一つは、トンネル内の暗さのために、発見しづらいこともあると思います。一方、後続車のほうも自転車がトンネル内を走行しているという意識があまりなく、そのため発見が遅れることもあります。

 

 最近では、健康志向の高まりからサイクリングをしている人が多く見かけます。トンネル内を走行するときも、自転車の存在を頭に入れておいてください。

 

(シンク出版株式会社 2020.2.20更新)

■自転車利用者のための「安全運転」自己チェックテスト

 自転車の運転に免許証は必要ありませんが、そのため、交通ルール・マナーを十分に理解しないまま危険な運転をしている人が後をたちません。

 

 このテストは日頃の自転車の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えることで、普段どれぐらい自転車を安全に運転できているかを簡単に知ることができるテストです。

 診断結果をみて反省することで、日々の自転車の安全運転に活かすことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月30日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。