道路外施設に入るときは歩道の自転車に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる2月17日午後3時ごろ、埼玉県久喜市で乗用車が病院の駐車場に入ろうと右折したところ、歩道を進行してきた自転車をはね、死亡させる事故がありました。

 

 この事故のように、病院やショッピングセンターなどの道路外の施設に入る際に、歩道を走行してくる自転車と衝突する事故が少なくありません。

 

 こうした事故の原因は、大きく分けると二つあると思います。

 

 一つは、横断歩道を横切るときに、その手前で一時停止する義務があるのですが、そのルールが守られていないことです。ドライバーのなかには、歩行者がいない場合には一時停止をする必要がないと勘違いしている人がいますが、歩行者がいないときでも一時停止する必要があります。

 

 もう一つは、歩道にいる歩行者の存在を忘れてしまうことです。道路外施設に入る前に、歩道にいる自転車を追い抜くことがありますが、施設に入る前に自転車の存在を忘れてしまい、一気に右折して衝突するのです。

 

 道路外施設に入るために歩道を横切るときには一時停止を徹底するとともに、歩道にいる自転車に十分に注意してください。 

(シンク出版株式会社 2020.2.26更新)

■自転車事故を軽く考えていませんか?

 「軽く考えていませんか?自転車事故!」は、自転車事故の代表的な事例を6つ取り上げています。

 事例ごとにドライバー、自転車利用者双方にどのような過失 があったかを考え、どのような不安全行動が事故に結びついたかを理解することができる、ドライバー、自転車利用者双方の教育に活用できる教育用教材です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月1日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。