バックするときはアクセルとブレーキの踏み間違いに注意

 さる3月1日午前8時10分ごろ、福岡県北九州市のドラッグストアの駐車場で、バックで止まろうとした軽乗用車がフェンスを突き破って1・5mほど下の線路に転落する事故がありました。

 

 運転していた23歳の女性にけがはありませんでしたが、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」などと話しているということです。

 

 日々の報道を見ていると、アクセルとブレーキを踏み間違えて事故を起こすケースは少なくありません。

 そのほとんどは、前進しているときに踏み間違えるケースなのですが、私自身30年以上の運転経験から踏み間違うというミスはしたことがなく、なぜそういうミスが起こるんだろうと不思議に思うことがあります。しかし、車をバックさせるときにはあり得ないミスではないと思っています。

 

 バックするときには後ろを見たりするのですが、そのとき身体が伸びて足がペダルから離れたりしますし、そうなるとアクセルとブレーキのペダルの位置も正確には把握できなくなり、踏み間違いもありうるからです。

 

 バックするときに、強くアクセルと踏み込まずに、ペダルから足が離れるようであれば、座席を前にするなどして踏み間違えをしないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2020.3.6更新)

■バック事故対策に最適の一冊

 冊子「自分で気づこうバック事故の危険【改訂新版】」は、バック時の自身の運転をチェックすることによって、具体的な危険に気づくことのできる、ドライバーのためのバック事故防止教育教材です。

 改訂版では、従来の4場面に新たに「狭路へのバック」「道路端に駐車する際のバック」の2場面を加えた計6場面のイラストを見ながら、5つの質問にハイ・イイエで答えるだけで、バック時における自身の危険性に気づくことができます。

 巻末には付録として「バック事故を防止するための具体的方策」を掲載しています。バック事故を防ぐための対策を考える際のヒントとしてご活用ください。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

4月6日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。