夜更しをしたら運転は禁物です

 睡眠不足のまま運転することは、飲酒運転と同じくらい危険だという話は以前も、朝礼の話題でお話したと思いますが、昨年起こった事故に関して調べられていた会社員の男性が、このほど「夜更し」が原因で交通事故を起こしたとして、過失運転致死傷罪で書類送検されました。

 

 事故は2019年6月22日、尼崎市の県道で発生しました。

 42歳の男性会社員が土曜の休日に家族で買い物をするために自宅から尼崎市内のショッピングセンターに向かう途中、突然、歩道に車を乗り上げ、歩道上で自転車2台を次々とはねたもので、60代の女性が死亡し、30代の女性もけがをしました。

 

 警察の調べに対して会社員は「事故の前日は金曜日で夜更かしをしていた。疲れを感じていたが運転を続けた」と話したということです。

 

 「居眠運転」というとプロドライバーが長時間・長距離運転労働で起こすと言ったイメージを持ちますが、前夜の夜更しが原因で、わずか10~20キロ程度の距離を運転するときにも、一瞬意識が遠のくことで重大事故に結びつく危険があることがわかります。

 

 私達も、睡眠不足で運転することがないように注意しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2020.3.10更新)

■マンガでわかる「運転における健康リスク」

 この小冊子では、ドライバーが健康管理を徹底していなかったために発生したと思われる、重大事故等の6つの健康起因事例をマンガで紹介しています。

 

 各事例の右ページでは、垰田和史 滋賀医科大学准教授(医学博士)の監修のもと、日々ドライバーが気をつけなければならない健康管理のポイントをわかりやすく解説しています。

 ドライバーが健康管理の重要性を自覚することのできる小冊子です。

 

 

詳しくはこちら

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月1日(火)

都市高速を降りた直後の渋滞に注意ブレーキを必ず確実にかけましょう

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。