夜間の高速道路では路肩停止車に注意

 さる3月4日午前4時5分ごろ、大阪府豊中市の中国自動車道の中国豊中インターチェンジ付近で、路肩に停車していた乗用車に東京から香川県に向かっていた夜行バスが接触する事故がありました。

 

 乗用車は約20分前にトラックに追突する事故を起こして、2台は路肩に停止していたのですが、乗用車は走行車線にはみ出して停車していたと見られています。

 

 夜間、高速道路の路肩に停止している車に後続車が追突するのは珍しいことではありません。

 

 普通に考えれば、路肩に停止している車に追突することはありえないことですが、遠くから前方にいる車のテールランプをみたとき、その車に追従しようとして近づこうとする習性があるからです。

 

 夜間の長時間走行で疲れていたりすると、その車が走行しているのか、止まっているのかは、ある程度の距離まで近づかないとわかりませんので、止まっているとわかったときには手遅れでブレーキを踏んでも間に合わないということになるのです。

 

 夜間、高速道路を走行するときには、路肩に止まっている車を走行車両と間違えることがあるということを頭に入れ、すぐに近づくのではなくスピードを落として徐々に近づくようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2020.3.12更新)

■バス運転者のための指導・監督用ツール

 「バス運行管理者のための指導・監督ツール」は、運転者に指導する際の資料として、「運転者用資料」を39枚収録した指導教材です。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転のポイントを漫画とイラストで具体的に解説し、3つのキーワードで印象づける内容です。

 点呼時やドライバーミーティングなどの短い時間でも、運行上の危険や安全運転ポイントを指導することができます。

 

 2018年6月に公布された一般バス事業者のための指導監督指針11項目、貸切バス事業者向け2項目の指針全13項目に準拠し、教育記録簿用紙も添付しています。 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

4月6日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。