前車の急な車線変更を警戒しよう

 さる3月8日午前0時45分ごろ、大阪府河内長野市の国道170号を走行していた軽乗用車が、路上にいた高齢歩行者をはねて死亡させる事故がありました。

 

 事故の現場は片側2車線の直線道路で、軽乗用車を運転していた23歳の男性は「左側車線を走行中、前方を走っていた車が右側に車線変更したところ、目の前に歩行者がいた」と供述しているということです。

 

 前車に追従して走行しているときに、前車が急に車線変更をすることがあります。

 前車がいなくなった前方を見ると、動物の死骸があったり落下物が落ちていることがあり、前車はそうした障害物を避けるために車線変更をしたのだなと納得することが少なくありません。

 

 前車の動きを注視していたり、スピードを出していなかった場合には、前車が急に車線変更をしても対応できるのですが、車間距離を詰めて走行していたり、ぼんやりと追従していたりすると、障害物を踏んだりすることもあります。

 

 この事例のように、前車の前にいたのが歩行者の場合には、死亡事故につながってしまいます。前車が急に車線変更をした場合には、前に何かあると考えて、前方から目をはなさいようにしてスピードを落としてください。

(シンク出版株式会社 2020.3.13更新)

■教育用ビデオ「あおり運転~加害者にも被害者にもならないために」

「あおり運転」をめぐる事件が近年たて続けに起きて社会問題になり、多くのドライバーが「あおり運転」の被害を経験しています。

 

 このDVDは「あおり運転」の定義から、感情コントロールの方法、具体的な運転方法、あおり運転の被害にあった時の対処まで解説した作品となっています。

 「あおり運転」の加害者にも被害者にもならないために、私たちドライバーがどうすればよいのかを学ぶことができますので、事業所の安全運転教育に最適な内容となっています。 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月24日(火)

カラー路面の交差点では出会い頭事故等を警戒 カラー舗装交差点では出会い頭事故等を警戒

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。