荷物のチェックなどは、安全な場所で行おう

路肩に停止した車に衝突
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 

 さる4月4日午後2時半ごろ、大阪府枚方市の第二京阪道路で、トラックなど3台が関係する事故があり、道路上にいた3人が死亡しました。

 

 事故は路肩に停車していた軽トラックと中型トラック2台に後続の大型トレーラー(20トン)が突っ込んだもので、トレーラー運転者の前方不注意が原因とみられています。

 

 ただし、トラックが路肩に停止していたことも事故の遠因となっています。

 2台は一緒に資材を運ぶ途中で、軽トラックのほろが外れかけたため停車して、路上で3人が荷台のほろを掛け直す作業をしていたということです。

 昼間なので、まさか後続車から見落とされることはないと思っていたのでしょう。

 

 出発前にしっかりとほろを掛けていれば、あるいは掛け直し作業をサービスエリアなど安全な場所で行っていれば、3人が亡くなることはなかったと考えると、本当に残念な事故です。

 

 風の強い日や路面状態が悪くて振動の多い道などでは、荷物の状態が気になり、停止して確認したくなるものです。しかし、高速道路の路肩上で停止することだけは、厳に慎みましょう。

 後続車が前を見ているとは限りませんので「命の危険」があることを肝に銘じてください。

 

(シンク出版株式会社 2020.4.9更新)

■バス運転者への教育内容を網羅した、バス事業所必携の一冊

 貸切バス事業に新規参入事業者が増加したことなどが影響し、バスの重大事故が目立つようになりました。

 しかし、現状では運転者への教育が満足に行われているとは言えない事業者もあり、その原因のひとつにバス運転者への教育資料が不足していることが考えられます。

 

 本書は、第1編で一般的な指導・監督の指針13項目に沿った内容及び高速道路の安全知識など、バス運転者として必要な知識を豊富なイラスト・図版を駆使して詳しく解説しています。

 

 また、第2編では事故惹起者に対する指導・監督の指針7項目に沿った構成となっており、この1冊でバス運転者へ幅広く実践的な教育を実施できる、バス事業所必携の一冊となっています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月7日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。