高速道路の流入時は無理に走行車の前に入らない

写真はイメージです
写真はイメージです

 先日、高速道路を走行中にインターチェンジにさしかかり、加速車線から車が流入してくるのが見えました。

 

 流入車との距離やそのスピードから判断して、合流地点でちょうど交わる感じがしたので、スピードを少し緩めて走行して先に合流車を入れました。

 

 ところが、合流した車のかなり後ろにもう一台車がいたのですが、その車はどう考えても自車の前に入るような位置にはいなかったので、当然後ろに入るだろうと思っていたのですが、突然スピードを上げてきて前に入ろうとしました。

 

 右の追越車線に逃げようとしたのですが、隣車線にも車が迫ってきていて車線変更をすることができずに、もう少しで衝突しそうになりました。

 

 高速道路を走行するときに、いちばん神経を遣うのは流入路から本線車線に合流するときだと思いますが、走行車線に車両が迫っていたとしても、その前に入ろうと無理をしなければ、さほど危険な状況にはならないと思います。

 

 高速道路で合流するときは、走行車の後ろに入る気持ちでスピードをコントロールしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2020.4.13更新)

■教育用DVD「ハイウェイで まさか!~高速道路に潜む危険~」

 高速道路では、さまざまな『まさか』の事態が発生します。突然のパンク、逆走車やいないはずの歩行者との遭遇など、まったく予想もしない事態によって重大な事故を引き起こすことがあります。

 

 このDVDでは、模範ドライバーが高速道路を走行する上で常に心がけている安全運転のポイントを、図解や実験映像なども織りまぜてわかりやすく示します。 

 運転者の皆さんが初心にかえり、高速道路での事故防止に努めていただくことを目的に制作しました。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月8日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。