堤防道路では追越しをしない

堤防道路でセンターラインオーバー
写真はイメージです。事故とは直接関係ありません

 

 さる4月3日午後8時半過ぎ、愛知県一宮市の堤防道路でセンターラインをはみ出して前の車を追い越そうとした乗用車が、対向車線を走ってきた軽ワゴンと衝突し、さらに後ろから来た車とも追突する事故がありました。

 

 現場の堤防道路は、追い越しが禁止されていました。

 

 このコーナーで何度も取り上げていますが、堤防道路は一般道路と違って危険な要因がたくさんあり、事故多発場所となっていますので細心の注意が必要です。

 

 その代表的な一つが、ガードレールが設置されていない場所が多くあるということです。このため、カーブなどの危険な場所でもガードレールがなく、転落事故が起こりやすくなっています。

 

 もう一つは、堤防道路の幅員は河川や堤防の形に左右されますので、急に幅員が狭くなっている所があるということです。このため、正面衝突事故が起こりやすい道路となっています。

 

 このような危険要因が多い道路で、視界が悪い夜間に追越しをするのは危険極まりない行為と言えます。堤防道路を走行するときには、追越し禁止場所でなくても追越しをしないようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2020.4.20更新)

■堤防道路など悪条件下の事故の危険に気づこう

 小冊子「悪条件下における事故防止のポイント」は、運転中に遭遇する「堤防道路」「トンネル」「雨天」「夜間」「渋滞」「山間部」といった悪条件下における事故防止を狙いとした教育教材です。

 

 それぞれの運転場面における注意すべきポイントを簡潔にまとめていますので、悪条件下における事故防止のポイントを簡単に理解していただくことができます。

 

 

 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月23日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。