横断歩道手前に車が止まっていたら一時停止を

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる5月8日午後5時ごろ、岩手県北上市で信号機のない横断歩道を渡っていた小学3年生の男児が、走行してきたタクシーにはねられ大けがをする事故がありました。

 

 タクシーの運転者は、「横断歩道の手前の道路に車が止まっていて見えづらかった」などと話しているということです。

 

 このコメントを聞いていると、本当に第2種の運転免許を持っているプロのドライバーが言うことなのかと唖然とさせられます。

 

 というのは、信号のない横断歩道や自転車横断帯の手前に車が停止しているときは、その側方を通って前方に出るときに、その手前で一時停止をしなければならないと道路交通法に定められているからです。

 

 これは、止まっている車の陰から歩行者などが横断してくる可能性があり、そのまま通過すると歩行者などと衝突の危険があるので一時停止を義務づけているのです。

 

 信号のない横断歩道の手前に車が停止していても、そのまま通過する車が多いのですが、必ず一時停止をして歩行者の有無をチェックする習慣をつけてください。

 

(シンク出版株式会社 2020.5.19更新)

■バス事業者のための点呼DVDを新発売

 バス運送事業にとって、毎日の点呼は安全運行の確保にとって極めて重要ですが、いざドライバーと向き合うと何を話せばいいのか、戸惑う管理者も少なくありません。

 

 本DVDは、バスの安全運行に欠かせない「点呼」のポイントを管理者とドライバーのやり取りによって具体的に紹介しています。

 

 乗務前点呼はもちろん、乗務途中の点呼、乗務後点呼においても、点呼者が忘れてはならないチェックポイントを映像でわかりやすく理解することができますので、毎日の点呼の参考にしていただくことができます。 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月14日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。