車線規制の標識が出たら早めに車線変更を

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる5月20日午前11時半ごろ、愛知県尾張旭市の東名高速道路を走行していたトラックが、リニューアル工事のため停まっていた工事車両に衝突する事故がありました。

 

 事故の現場は片側2車線の直線道路で、工事のため追越車線を規制していましたので、トラックドライバーの前方不注意が事故の原因とみられています。

 

 高速道路を走行していると、車線工事のために一方の車線を規制している現場に出くわすことはよくあります。

 

 そういう現場の手前には、かなり前から「前方工事のために追越車線を規制している」等の標識や標示が出ています。

 

 そういった車線規制の標識などを見ると、ほとんどのドライバーは早めに車線変更をするのですが、なかには規制が始まる手前まで走行してから車線変更をすればいいと考えている人もいます。

 

 そのとき、すんなりと車線変更ができればよいのですが、走行車両が多くてなかなか入れないこともあり、無理に入ろうとすれば事故のリスクを高めることになります。

 

 車線規制の標識を見たら、まだ先だからと考えずに、すみやかに車線変更をしてください。そうすれば、工事車両に衝突する事故はまず起きないでしょう。 

(シンク出版株式会社 2020.6.10更新)

■トラックドライバー向け「教育ツール」の第4弾を発売

 トラック運送事業の運行管理者の皆さんに好評を博してきたドライバー教育ツールのパート4を発売しました。

 

 貨物自動車運送事業の運転者に対する指導・監督の指針12項目に準拠した教育資料が満載です。

 

 今回も、運転者用資料と管理者用資料に分かれてイラストと図解を中心に展開しています。すべて新しい内容のものですので、パート1から3までご購入いただいた皆さんもぜひご利用ください。

 

 また、今回は巻末資料として初任運転者向けの資料が充実し、初任運転者指導用記録簿や添乗指導項目等を掲載しました。新入運転者教育にご活用ください。 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月13日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。