雨天時は確実にスピードを落とそう

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる6月11日午前8時ごろ、北海道室蘭市の国道37号を走行していた乗用車が運転を誤ってコントロールを失い、中央分離帯に乗り上げ街路灯に衝突する事故がありました。

 

 現場は、片側2車線の緩やかな左カーブになっており、事故当時、路面は濡れていたということです。

 

 雨の日に車を運転するにあたって、いちばん注意しなければならないのは、路面が濡れて滑りやすくなっているということですが、運転するドライバーには、雨の日でもそうした感覚がないまま運転しているように思います。

 

 道路が冠水しているような状況なら、さすがにスピードを落として走行するのですが、少し雨が降っている程度では乾燥路面と同じようなスピードで走行する人がほとんどです。

 

 ご存じだとは思いますが、いちばん滑りやすいのは雨の降り始めといわれていますし、路面が少し濡れている程度でも結構スリップしやすくなります。

 

 日本列島は梅雨の時期に入っており、各地で雨が降り続いていますが、雨の日に晴れた日と同じスピードで走るのは危険です。いつもより2割程度スピードを落とすようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2020.6.24更新)

■トンネルなど悪条件下の事故の危険に気づこう

 小冊子「悪条件下における事故防止のポイント」は、運転中に遭遇する「トンネル」「雨天」「夜間」「渋滞」「堤防道路」「山間部」といった悪条件下における事故防止を狙いとした教育教材です。

 

 それぞれの運転場面における注意すべきポイントを簡潔にまとめていますので、悪条件下における事故防止のポイントを簡単に理解していただくことができます。

 

 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月23日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。