少量のアルコールでも判断を狂わせる

 さる6月20日午後9時ごろ、大阪府和泉市のコンビニの駐車場に止まっていた乗用車が外に出ようと動き出した直後に、隣にいた車に店から戻ろうとしていた男性をひいて死亡させる事故がありました。

 

 乗用車を運転していた歯科医の男性の呼気から、酒気帯び運転の基準値に満たないアルコールが検知されたということで、警察の調べに対し、男性は酒を飲んで運転したことを認め「発進してすぐにひいてしまった」と話しているということです。

 

 この事故を見ていると、たとえ基準値以下の少量でもアルコールが体内に残っていると、運転に及ぼす影響は少なくないということを改めて感じさせます。

 

 通常なら、駐車場から発進した直後に歩行者に当たったのなら、あまりスピードが出していませんので、大きな事故にはなりにくいと思います。それが死亡事故になるほどですから、かなりのスピードで急発進させたのではないかと思います。

 

 たとえ少量でもアルコールが体内にあると理性がマヒして、正常な判断を狂わせることがあります。

 基準値以下のアルコールでも、飲んだら絶対に車を運転しないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2020.7.9更新)

■教育用DVD「絶対にダメ!飲酒運転」

このDVDでは、アルコールが運転にどのような影響を与えるか、その危険性を再現ドラマを交え、CG、実験で明らかにしています。

 とくに「酒気残り」が運転に与える影響に注目し、体内のアルコール残量とドライバー本人の酔いの感覚とに大きなズレがあることを検証し、注意を促します。

 

 また、飲酒運転の罰則も解説していますので、「飲酒運転は犯罪であり絶対に許さない!」と飲酒運転根絶を強く訴える内容です。

 

 指導:金光義弘(川崎医療福祉大学特任教授)

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月11日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。