川沿いの道路を走行するときは陥没に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 日本各地で大雨が降っており、河川が氾濫したり、土砂崩れが起きて、走行中の車が巻き込まれる事故が起きています。

 

 さる7月7日午前4時50分頃、広島市東区の県道を走行していたバイクが陥没した道路で転倒し、乗っていた男性が意識不明の重体になる事故がありました。

 

 県道は片側1車線で、長さ15m、幅1mにわたって陥没しており、大雨で道路のそばを流れる川が増水し、崩れたとみられています。

 

 大雨の影響で道路ごと陥没したり、道路の全てに土砂崩れがある場合には、遠くから見てもある程度異常がわかるので用心して近づくことができると思います。

 

 しかし、少ししか陥没していない場合には、遠くから見ると異常のない道路のように見えますので、油断して走行しがちになります。そして、近くまで行って初めて陥没していることに気づいたときには、手遅れということになります。

 

 大雨が続いているときには、川沿いの道路は陥没している危険が高くなりますので、注意しながら慎重に運転してください。できれば、川沿いの道路は走行しないほうが安全です。

 

(シンク出版株式会社 2020.7.16更新)

■トラックドライバー向け「教育ツール」の第4弾を発売

 トラック運送事業の運行管理者の皆さんに好評を博してきたドライバー教育ツールのパート4を発行しました。

 

 貨物自動車運送事業の運転者に対する指導・監督の指針12項目に準拠した教育資料が満載です。

 

 今回も、運転者用資料と管理者用資料に分けてイラストと図解を中心に展開しています。すべて新しい内容のものですので、パート1から3までご購入いただいた皆さんもぜひご利用ください。

 

 また、今回は巻末資料として初任運転者向けの資料が充実し、初任運転者指導用記録簿や添乗指導項目等を掲載しました。新入運転者教育にご活用ください。 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月4日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。