わずか15分でも炎天下の車内は危険!

 猛暑日が続き、車の中も駐車しているとあっという間に車内温度が上昇します。

 

 この時期、車内熱中症事故が多いのでJAF(日本自動車連盟)はドライバーに注意を促しています。

 

 とくに乳幼児やペットと一緒にドライブしているときは要注意です。昨年JAFが2019年8月の1か月間に「子どもやペットを車内に残したままのキー閉じこみ」を理由に出動した件数が144件あったと公表しました(子どもの例が115件、ペットが29件)。

 

 閉じ込み原因としては、「おもちゃの代わりに車のリモコンキーを子どもに持たせていたら、ロックボタンを押してしまった」「飼い主の戻りを待つペットが、車内の集中ロックスイッチを踏んで押してしまった」といった事例が挙げられています。

 

 JAFが実施した車内温度検証テストによると、気温35度の炎天下に駐車した車内の暑さ指数は、窓を閉め切った状態でエンジン停止後、わずか15分で人体にとって危険なレベルに達したということです。

 

 うっかりの閉じ込めも、赤ちゃんやペットの生死に関わる危険があります。「少しの時間だから」という甘い考えで、子どもやペットを車に残すのはやめましょう。

 

 また、「エアコンをつけていれば長時間でも大丈夫」と考えるのも勘違いで、子どもがエアコンを誤って止めてしまったり、エンストして切れるケースがありますので、注意してください。

 

(シンク出版株式会社 2020.8.6更新)

■運転中に自然災害が発生したときの備えは万全ですか?

近年は地球温暖化などによる異常気象により、豪雨や強風・突風、猛暑、豪雪などによる自然災害が多発しています。

 

また我が国は地震大国ですので、いつ何時、大きな揺れに襲われるかもわかりません。しかしながら、日々自然災害への対応意識を高めておけば、被害を最小限に留めることができます。

 

本書は、運転中に自然災害に見舞われた以下の6つの運転場面を提示しており、それぞれの危険要因と対処方法を考えていただく教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月25日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。