高速道路では車間距離をとろう!

 

 夏休みやお盆休みなどでマイカーが増えることを予想して、各地の警察本部では「あおり運転」や車間距離を詰めて走行する危険な車を摘発するため、パトカーやヘリコプターの出動回数を増やして取締りを強化しているというニュースを見ました。

 

 とくに、今年は道路交通法の改正により「妨害運転」の罰則が強化されたことを受けて、高速道路で悪質・危険な走行をする車への取締りを厳しくしているということです。

 

 ヘリコプターによる空からの監視では、前車との車間距離を危険なほど詰めて走行している車や乱暴な割込みをする車などがひと目でわかるため、パトカーと連携して機動力のある捜査・取締りが行われます。

 

 周りにパトカーがいないと高をくくって、周囲の車に迷惑をかけていると、あっという間に違反で検挙されます。

 

 また、自分ではあおり運転をしたつもりはないと思っていても、他の車のドライバーが妨害の意図を感じた場合は摘発される可能性がありますので、とくに車間距離や進路変更には十分に気を遣って走行しましょう。

(シンク出版株式会社 2020.8.14更新)

■危険・迷惑運転をする人はドライバー失格!(最新の法改正収録済)

 最近、他の車をあおって危険を生み出したり、運転中にスマートフォンを操作して、重大事故を起こすなど、ドライバー失格と言える行為が目立つようになりました。

 

 この冊子では、代表的な危険・迷惑運転を取り上げ、その罰則の重さと、運転上の注意ポイントを解説しています。(2020年6月30日施行の改正道路交通法、2020年7月2日施行の改正自動車運転死傷行為処罰法についても収録しています)

 

 ドライバー向けのセルフチェック欄も設けていますので、自分が無意識のうちに危険・迷惑運転をしていないかチェックすることができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月30日(月)

駐車ブレーキを必ず確実にかけましょう駐車ブレーキを必ず確実にかけましょう

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。