道路形状が変わると優先権が変わることもある

 

 新しい道路の開通などで、交差点の形状が変わったとき、優先関係も変更されてしまうことがあります。

 この事実に気づかないまま、従来の感覚で通行しようとすると、事故に結びつく危険がありますので、注意しましょう。

 

 さる7月22日、長野市上千歳町の交差点で軽自動車2台が出会い頭に衝突する事故が起こりました。

 幸い双方に怪我はありませんでしたが、一時停止線の手前で止まらずに事故を起こした運転者が、今まで一時停止がなかったから速度を落とさずに通過しようとした可能性があり、警察が調べたところ、過去2か月の間に同種の事故が3件も発生していたそうです。

 

 この交差点は以前はT字路でしたが、工事で東西に道路が開通して十字路になりました。以前は一時停止がかかっていた東西の通りが優先道路となり、今まで一時停止がかかっていなかった南北の通りが一時停止標識のある道路となったそうです。

 

 優先道路の関係が逆転したため、以前通行した経験のある運転者が一時停止標識を見落として交差点に入る危険があり、これが事故に結びついている可能性があるということです。

 

 交差点形状の変化に限らず、大型店舗などの開設により車の入り口用として直進道路上に新たに右左折専用レーンなどができることがあります。

 こうした道路形状の変化に気づかないまま走行していると危険ですので、以前に通行した経験のある道路であっても、標識などが変わっていないか常に注意して走行するようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2020.8.17更新)

■トラックドライバー向け「教育ツール」の第4弾を発売

 トラック運送事業の運行管理者の皆さんに好評を博してきたドライバー教育ツールのパート4を発売しました。

 

 貨物自動車運送事業の運転者に対する指導・監督の指針12項目に準拠した教育資料が満載です。

 

 今回も、運転者用資料と管理者用資料に分かれてイラストと図解を中心に展開しています。すべて新しい内容のものですので、パート1から3までご購入いただいた皆さんもぜひご利用ください。

 

 また、今回は巻末資料として初任運転者向けの資料が充実し、初任運転者指導用記録簿や添乗指導項目等を掲載しました。新入運転者教育にご活用ください。 

 

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月23日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。