運転中はマスクを外そう

 

 最近、マスクを着用して行動することが多いため、普段の夏よりさらに暑さを強く感じますね。マスクの装着は熱中症の危険を増やしますので、2m以内に人がいない場所では、適宜、マスクを外すくせをつけましょう。

 

 クルマを運転している人の中には、一人で乗車しているにも関わらず、マスクをしている人を見かけます。

 降車してから着用するのが面倒くさいからでしょうが、車の中でも熱中症にかかる危険がありますので、マスクは外して運転したほうが賢明です。

 

 というのは、マスクをしているときは口中の湿り気のため喉の渇きを感じにくく、水分補給が遅れてしまう危険が高いからです。

 いちいちマスクを外すのが手間なので、塩飴や塩分タブレットなどから塩分を摂取する機会が減るという可能性もあります。

 

 車の中はエアコンがあるので危険は少ないと感じがちですが、窓ガラスを通して浴びる直射日光のため体温が上がりやすく汗をかきますので、夏場は喉が渇いていなくても、水分や塩分をこまめに補給する必要があります。

 

 熱中症にかかる前兆として、汗がひどくなり気分が悪くなるなどの症状がありますが、人によっては無自覚のまま突然に意識を失ってしまうような症例がみられます。

 運転中に意識を失うと他の車や歩行者に大きな迷惑をかける恐れがありますので、運転中はマスクを取って、こまめに水分補給や塩分補給を心がけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2020.8.24更新)

■運転中に自然災害が発生したときの備えは万全ですか?

最近は地球温暖化などによる異常気象により、猛暑や豪雨、強風・突風、豪雪などによる自然災害が多発しています。

 

また我が国は地震大国ですので、いつ何時、大きな揺れに襲われるかもわかりません。しかしながら、日々自然災害への対応意識を高めておけば、被害を最小限に留めることができます。

 

本冊子は、運転中に自然災害に見舞われた以下の6つの運転場面を提示しています。それぞれの危険要因と対処方法を考えていただく教育教材です。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月28日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。