冷却スプレーを使用したときは火気に注意!

 さる8月19日、広島県福山市交差点で信号待ちをしていたトラックの運転席が突然爆発して、フロントガラスやドアが吹き飛び、車体が大破する事故が起こりました。幸い、運転者の20代の男性は軽いやけどですみましたが、爆発は冷却スプレーのガスが原因とみられています。

 

 爆発は運転者の男性がタバコに火をつけようとして起こったということで、「火を付ける前に冷却スプレーを身体に30秒ほど吹きかけた」と話しているそうです。

 

 現在、地球温暖化防止の制約からスプレー類には安全なフロンガスなどが使用できず、冷却スプレーにはブタンやジメチルエーテルなど可燃性のガスが使用されることが多くなっています。

 

 消防署によると、30秒も密閉空間で使用していれば爆発のおそれがあり、今回のように軽傷で済んだのは奇跡的で大やけどの危険があるということです。

 

 車の中など密閉された空間で、冷却スプレーや虫よけスプレー・殺虫剤などを使用するのは避けましょう。また、車内で使用してしまった場合は、すぐに換気をして、タバコに火を付けるなどの火気は絶対に避けてください。 

(シンク出版株式会社 2020.8.27更新)

■運転中に自然災害が発生したときの備えは万全ですか?

最近は地球温暖化などを原因とした異常気象により、猛暑や豪雨、強風・突風、豪雪などによる自然災害が多発しています。

 

また我が国は地震大国ですので、いつ何時、大きな揺れに襲われるかもわかりません。しかしながら、日々自然災害への対応意識を高めておけば、被害を最小限に留めることができます。

 

本冊子は、運転中に自然災害に見舞われた6つの運転場面を提示しています。それぞれの危険要因と対処方法を考え、学び、いざという時に適切に対応する力を身につけるための教育教材です。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月25日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。