不必要なバック走行はしない

 先日、愛知県豊橋市の公道で、20代の男性が運転する軽乗用車が少なくとも約300mに渡ってバックで運転したなどとして、道交法違反(安全運転義務違反)の疑いで、交通違反切符(青切符)を交付したことが報じられました。

 

 道交法には、バックで走行することを禁じる規定はないのですが、安全確認が不十分で他人に危害を及ぼす恐れが高いということで交通違反になったということです。

 

 車を運転する人なら誰でもわかるのですが、現在製造されている車は、前を見て走行することを前提に設計されており、後ろに向けて走行するようには作られていません。

 

 ですから、バックしようとすると、まず前向きの姿勢を後ろに向けたりしなければなりませんし、当然ハンドル操作やブレーキペダル・アクセルを踏む感覚も違ってきます。

 

 つまり、バックで走行するということは、後方の安全確認も十分にできていない上に、車を正確にコントロールをすることもできない状態で運転しているということになります。

 

 バックで走行するということは、そういう不安全な状態で運転するということをしっかりと自覚し、不必要なバック走行は絶対にしないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2020.9.1更新)

■運転に必要な健康管理状態を診断できる自己診断テスト

 近年、業務運転中に病気の発作等で引き起こされる交通事故が頻発しています。

 

 本テストは日頃の健康管理を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくことで、普段どれぐらい運転に必要な健康管理ができているかを簡単に知ることができる自己診断テストです。

 

 「疲労や睡眠不足などを軽視する」や「日頃の感染予防を軽視する」など健康管理を行うにあたっての弱点に具体的に気づくことができますので、ご自身の体調を整えての安全運転に活かしていただくことができます。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月30日(月)

駐車ブレーキを必ず確実にかけましょう駐車ブレーキを必ず確実にかけましょう

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。