高速道路の作業員を事故から守ろう

 最近、高速道路のリニューアル工事などで工事規制の件数が増えているため、規制エリアに車が突っ込んで作業員が死傷する事故が大幅に増加しています。

 

 高速道路会社のNexco中日本によると、高速道路の規制エリアに誤って車が進入する事故は毎年発生しており、2016年度46件、2017年度103件、2018年度には149件と年を追うごとに増加しているとのことです。

 

 このため、路上作業員の安全確保が重要な課題となっていますが、このほど、同社では新型の維持作業車「大型移動式防護柵車両=ハイウェイ・トランスフォーマー」を開発し公表しました。

 

 「大型移動式防護柵車両」は、走行時は全長16mほどのトレーラーですが、作業現場に到着するとその姿を変え、トレーラー中央部の外壁にあたる高さ1.7mの保護ビームを車両の左右どちらかに移動させることで、作業スペースをつくります。

 

 また、車両後端の衝撃緩衝装置を展開させ、「2.5トンのクルマが時速80キロで突っ込んでも、運転者が重傷を負わない」という基準を満たしています。同社では、すでに三重県の高速道路などで工事の際に運用を始めているということです。

 

 ただし、まだほとんどの工事等の規制現場ではこうした力強い防護車両はなく、カラーコーンなどで路線が仕切られているだけですので、運転者がわき見などをしていると簡単に規制エリアに突っ込み作業員をひいてしまいます。

 

 「前方○キロ工事中」などの案内表示に気をつけて、工事作業員の安全を守るように意識しましょう。

 

※「ハイウェイ・トランスフォーマー」について詳しくはこちら 

 

(シンク出版株式会社 2020.9.8更新)

■「運行管理者のためのドライバー教育ツール」第4弾を発売

 トラック運送事業の運行管理者の皆さんに好評を博してきた「運行管理者のためのドライバー教育ツールpart4」が絶賛発売中です。

 

 貨物自動車運送事業の運転者に対する指導・監督の指針12項目に準拠した教育資料が満載です。

 

 今回も、運転者用資料と管理者用資料に分かれてイラストと図解を中心に展開しています。すべて新しい内容のものですので、パート1から3までご購入いただいた皆さんもぜひご利用ください。

 

 また、今回は巻末資料として初任運転者向けの資料が充実しています。指導用記録簿や添乗指導項目等を掲載しましたので、新入運転者教育にご活用ください。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

9月23日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。