すべての年代で運転中の体調異常に気をつけよう

 さる9月16日午前9時20分ごろ、神奈川県座間市の県道で大型トラックがセンターラインを越え、反対車線に停車中のトラックに衝突、大型トラックにいた46歳の運転者が死亡しました。

 衝突されたトラック運転者に怪我はなく、亡くなった運転者の死因は衝突ではなく運転者の疾病か突然の体調不良に原因があるのではないかとみられ、遺体を解剖して調査中です。

 

 運転中の健康異常に起因する事故の多くは高齢者が起こすというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、トラックやバスなど事業用自動車の運転者では働きざかりの年代にも多発しています。

 

 国土交通省が調べた事業用自動車の健康起因事故における年齢層別データ(※)によると、トラックでは20歳代が2.0%、39歳が6.1%、40歳代が29.6%、50歳代が39.8%、60歳以上が22.4%であり、運転者全体の年齢分布と比べると40~60歳代に頻度が高くなっています。

 一方、バスでは20歳代が6.3%、30歳代が20.3%、40歳代が38.5%、50歳代が26.0%、60歳以上が8.9%であり、運転者全体の年齢分布とあまり変わらず、すべての年代で同様に発生しています。

 

 誰でも、過労や体調異常など健康上の問題で事故を起こす危険があることを自覚する必要があります。健康起因事故は運転者個人の悲劇だけでなく、多くの人を巻き込む危険があります。

 体調が悪いときは無理をしないで、運転を控えて様子をみましょう。

 

(シンク出版株式会社 2020.9.29更新)

■運転に必要な「健康管理」の状態をチェックできる自己診断テスト

 近年、業務運転中に病気の発作等で引き起こされる交通事故が頻発しています。

  本テストは日頃の健康管理を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えることで、普段どれぐらい運転に必要な健康管理ができているかを簡単に知ることができる自己診断テストです。

 

 「疲労や睡眠不足などを軽視する」や「日頃の感染予防を軽視する」など健康管理を行うにあたっての弱点に具体的に気づくことができますので、自身の体調を整え安全運転に活かすことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月2日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。