対向車線にはみ出すほどわき見をしない

写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません

 さる9月18日午後2時すぎ、熊本県大津町で片側1車線の道路を走行していた2トントラックが対向車線にはみ出して、対向してきた大型バスと衝突する事故がありました。

 

 トラックの運転者は、「足元を気にして対向車線にはみ出してしまった」と話しているので、かなりの長時間わき見をしていたのだと思います。

 

 長時間運転していると、だんだん退屈になってきてチラッとわき見をすることはよくありますが、それでも対向車線にはみ出しそうになると、何となく感覚がおかしくて慌てて元の車線に戻ることが少なくありません。

 

 また、センターラインを踏むと振動する道路もありますので、はみ出していることは簡単にわかるはずです。

 

 こうしたことを考えると、対向車線にはみ出していることに気づかないほどわき見をしていることに対して、運転者として不安を感じないのは不思議です。

 

 チラッとわき見をするくらいなら仕方がないと思いますが、対向車線にはみ出すほどのわき見は絶対にしないでください。

(シンク出版株式会社 2020.10.1更新)

■追突事故の危険を診断するチェックテスト

 衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の普及によって、追突事故は減少傾向ですが、依然、人身事故における割合はトップとなっています。

 

 本テストは、普段の運転行動をチェックしていただくだけで、ご自身の中にどんな追突事故に対する危険が隠れているかを確認していただける自己診断テストです。 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月2日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。