意外に忘れてしまいがちな自車の高さ

写真はイメージです。記事中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。記事中の事故とは関係ありません

 

 トラックの荷台に少し背の高い重機等を積んだときや普段より車高の高い車に乗ったとき、最初は高さのことを意識していても、そのうち車高が高いことを忘れて走行してしまうことがあります。

 

 途中で高さ制限のある道路を走行しなければ事故にならずにすみますが、運悪く低い高架の下などを走行するとき、車の上部が衝突して事故を起こす危険があります。

 

 さる10月15日午前10時30分頃、大阪市城東区にある京阪電車の線路下を通過しようとしたトラックが、高さ2.2mの高架に衝突し荷台部分が大破して、積荷の海産物などが周囲に散乱しました。

 

 トラックの運転者は自車の高さが2.2mより高いことをうっかり忘れてしまって、無意識に高架下の道路を通過しようとしたようです。

 

 いつもは車高の低い乗用車を運転している人が、業務上の理由などでトラックを運転したり、車高の高いワゴン車を運転しているとき、こうした事故を起こしやすくなります。

 

 鉄道高架などの手前には必ず高さ制限を示す標識があります。標識を見かけたら漫然と走行しないで、自車の高さは大丈夫だろうか?と自問する習慣をつけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2020.10.19更新)

■「2021運行管理者手帳(トラック・バス)」好評発売中です!

 今年も、「2021トラック運行管理者手帳」と「2021バス運行管理者手帳」を好評発売中です。今年の手帳は、カバー裏の色を替えてツートンカラーとなり、とても素敵なデザインとなっています。

 

 本手帳は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。ぜひお手元でご活用ください。

 

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月29日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。