オートブレーキホールド機能を過信しない

電動パーキングブレーキ
電動パーキングブレーキ

 皆さん、最近電動パーキングブレーキを装備した車が増え、ブレーキペダルから足を離しても停止し続けてくれる「オートブレーキホールド」機能が備わっている車も多くなっています。

 

 この機能は、信号待ちなどの際にⅮレンジに入れたままブレーキペダルから足を離しても止まったままなので、非常に便利な機能となっています。

 

 この機能を備えていない車では、駐車場入口でチケットを取るときに手を伸ばした際に足が離れ、クリープ現象で車が動き出してチケット発行機に当たったり、信号待ちで停止中に後ろの荷物から物を取り出そうとしてブレーキが緩み、前車にコツンと当ててしまうといった事故がありました。

 

 「オートブレーキホールド」機能を備えている車では、ブレーキから足を離しても車が動きませんから、こうしたうっかりミスによる事故は起こらないと思います。しかし、アクセルと踏むと機能が解除されて、動き出しますので過信するのは禁物です。

 

 過去にこの機能を備えた車で、Ⅾレンジに入れたまま停止して車から降りようとした際に、車が動き出して歩行者が死亡する事故が起きています(足がアクセルペダルに当たったかどうかは紛争中)。

 

 いずれにしても、こうした機能を備えている車でも車から降りる場合には、Pレンジに入れることを徹底しましょう。

(シンク出版株式会社 2020.10.23更新)

■「鳥の視点」で運転席からは見えない危険を発見しよう

 交差点事故を起こさないためには、運転席からは見えない危険を見つけ出すことが大切です。そうした危険を発見するには、運転席の上空から見る鳥のような視点を持って、交差点全体の交通場面をイメージする力(メタ認知能力)が必要となります。

 

 新刊小冊子「交差点を鳥の目で視ると隠れた危険が見えてくる」では、交差点の6つの運転場面を提示して、隠れた危険をイメージできるかを考えるとともに、それぞれ俯瞰図で交差点の危険を見ながら解説を読んで理解する構成となっています。

 

 メタ認知能力を高めるための教材としてもご利用いただけますので、ぜひ事業所での交差点事故防止教育にお役立てください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月24日(火)

カラー路面の交差点では出会い頭事故等を警戒 カラー舗装交差点では出会い頭事故等を警戒

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。