救急車のサイレン音を聞き逃さない

写真はイメージです。本文事故とは関係がありません
写真はイメージです。本文事故とは関係がありません

 さる10月22日午前9時10分ごろ、宮城県栗原市の片側1車線の国道を走行していた救急車が、対向車線側の施設に入るために右折しようとしていた乗用車を追い越そうとした際に乗用車と接触する事故がありました。

 

 救急車は病人を搬送中で、赤色灯をつけサイレンを鳴らして走行していましたので、右折しようとしていた乗用車が救急車の存在に気がつかなかったのではないかと思います。

 

 緊急自動車と一般の車との事故をみていると、赤色灯を点けてサイレンを鳴らしているにもかかわらず、その存在を見落としているケースが少なくありません。

 

 確かに、サイレンが鳴っているのが聞こえても、どこから聞こえてくるのかわかりにくい面がありますが、もっと大きな問題は運転者がサイレンを鳴らしている救急車の通行を妨げないようにするという意識が低いことにあるのではないかと思います。

 

 運転中に少しでもサイレンらしい音が聞こえたら、集中して聞いているとだいたいの方向はわかると思います。

 その方向を意識して見ていれば、救急車の位置も確認できると思いますので、その動向を注視して進路を妨げるような行動は絶対にしないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2020.10.30更新)

■「2021運行管理者手帳(トラック・バス)」好評発売中です!

 今年も、「2021トラック運行管理者手帳」と「2021バス運行管理者手帳」を好評発売中です。今年の手帳は、カバー裏の色を替えてツートンカラーとなり、とても素敵なデザインとなっています。

 

 本手帳は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。ぜひお手元でご活用ください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月24日(火)

カラー路面の交差点では出会い頭事故等を警戒 カラー舗装交差点では出会い頭事故等を警戒

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。